ミュゼとエピレで脱毛初心者におすすめのキャンペーン

ミュゼとエピレの比較 画像


エピレとミュゼでは、【使用する脱毛マシン】と【施術後のお肌ケアの方法】に違いが見られます。
どちらも美肌効果が期待できますが、どちらが自分に合っているかは実際に体験してみない事にはなんとも言えませんので、まずは激安のキャンペーンで両方を体験してみるのも一つの方法です。
ミュゼとエピレには、脱毛初心者向けのコースが用意されています。
女性なら誰でも気になる「両ワキ」、実は脱毛したいと思っている「Vライン」や「VIO」といったデリケートゾーンの脱毛コースから試してみるのがおすすめです。



「両ワキ+Vライン」ならミュゼ


ミュゼで一番人気のコースが、「ミュゼが初めての方限定プラン」です。
500円程度で複数個所を選んで脱毛できるのが特徴で、「両ワキ」「Vライン」は通う期間も施術回数も無制限の通い放題です。
ですが、こんなにお得なキャンペーンもいつ終了になるかわかりません。
以前は100円のキャンペーンがありましたが、2016年10月31日をもって終了しています。
『いつまでも、続くと思うな激安キャンペーン』です。



ミュゼ 両ワキ+Vライン脱毛 ボタン


【両ワキ+Vライン】での比較なら、ミュゼの圧勝で間違いありません。
理由はいたって簡単!
だってミュゼなら、「両ワキ+Vライン」が通い放題で脱毛してもらえるんですから。
エピレも6回で700円と確かに安いんですけど、ミュゼの通い放題と比較するとどうしても見劣りしちゃいますよね。
それに、ミュゼの方が店舗数が多いので「近くにお店がない!」ってことも少ないはずです。
ということで、両ワキ+Vラインの脱毛なら断然ミュゼがおすすめです。



「VIO脱毛」ならエピレ


エピレとミュゼで、VIO(ハイジニーナ)脱毛が安くできるのはエピレです。
初めての方優遇のファーストプランを使っても使わなくても、半額キャンペーンを適用したミュゼよりも安くできます。

エピレとミュゼのVIO(ハイジニーナ)脱毛の料金比較
VIO(ハイジニーナ)脱毛 エピレ ミュゼ
回数 2回 2回
通常料金 27,200円 36,000円
キャンペーン適用価格 6,000円 なし


VIO(ハイジニーナ)脱毛 エピレ ミュゼ
回数 12回 12回
通常料金 104,400円 216,000円
キャンペーン適用価格 87,000円 108,000円

エピレ VIO脱毛 ボタン



VIO脱毛を初めて受ける前には、恥ずかしい痛そうと思うのが普通です。
こういった理由で、気にはなっているものの、デリケートゾーンの脱毛に躊躇している方が多いのも現実です。
そういう場合には、まとまった契約をする前にまずはお試しで体験してみるのがおすすめです。
ミュゼは2回で36,000円ですが、
エピレなら2回で6,000円しかかかりません。

ミュゼとエピレならどっち?脱毛初心者のサロン選び【11の判断基準】

エピレとミュゼでもう迷わない!

エピレとミュゼの脱毛プランのラインナップや内容がよく似ている事はご承知の通りです。
そのため、予備知識があまりない状態でどちらかを選ぶとなると、単に料金の差にしか目がいかなくなってしまいがちです。
ですが、その他の違いや共通点を知っておく事で、エピレとミュゼのどちらにしようか迷った時の決め手にもなります。
そこでまずは、脱毛サロン選びのポイントとなる11の項目を中心にご紹介します。



【エピレとミュゼの比較】


1.脱毛の特徴

≪エピレ≫
エピレでは日本女性の肌に合わせて開発したオリジナルマシンを使用し、脱毛と同時に肌内部のコラーゲンにアプローチすることで、お肌のトリートメントも同時に行っています。
脱毛するときに塗るジェルにはコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸の3つの美容成分が配合されているのでツルスベ美肌になる効果が期待できます。

≪ミュゼ≫
ミュゼではS.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛で肌をいためずスピーディにお手入れすることができます。
仕上げのトリートメントには、プラセンタエキスを配合した独自開発のミルクローションを使用しているので、美肌効果も期待できます。
やさしくいたわりながらお肌にうるおいを与えます。



2.シェービングサービス

≪エピレ≫
シェービングのサービスはおこなっていません

≪ミュゼ≫
襟足・背中上下・ヒップ奥のみ


脱毛の施術を受ける際には、前日までに施術予定部位を自己処理しておくことが必要です。
剃り残しがあると、最悪の場合施術してもらえない事もあります。
ですがどんなに気を付けていても、剃り残しがある場合があります。
そんな時に頼りになるのが【シェービングサービス】です。
エピレではシェービングのサービスはおこなっていませんので、入念な事前処理が必要です。
ミュゼでは、襟足・背中上下・ヒップ奥の剃り残しのみに関して、スタッフが手伝ってくれます。
それ以外の剃り残しに関しては、「該当箇所をさける、または、お手入れをお断りさせていただきます。」とハッキリとHPに掲載されています。
剃り残しの心配をしなくてもいいのはミュゼです。



3.生理中の施術

≪エピレ≫
VIO以外なら可

≪ミュゼ≫
VIO以外なら可


エピレとミュゼでは「生理中の施術はVIO以外なら可」となっています。
他の脱毛サロンでは、他の部位であっても施術不可の場合もあります。



4.キャンセル料

≪エピレ≫
無料

≪ミュゼ≫
無料


もしもVIO脱毛の予約日と生理が重なってしまい、仕方なくキャンセルする場合であっても、エピレもミュゼもキャンセル料は発生しません。
その他の場合でもキャンセル料は発生しません。



5.店舗数

≪エピレ≫
31

≪ミュゼ≫
国内185 海外22



6.営業時間

≪エピレ≫
11:00〜20:00 (平日)
10:00〜19:00 (土日・祝日)

≪ミュゼ≫
10:00〜20:00



7.サロン移動

≪エピレ≫
OK(エピレ・TBC間は不可)

≪ミュゼ≫
OK


8.ウェブ予約・ネット予約

≪エピレ≫


≪ミュゼ≫


エピレもミュゼもウェブ予約・ネット予約ができます。
できて当たり前と思っている方も多いですが、実は違います。
契約前の無料カウンセリングを予約する場合には、ウェブ予約・ネット予約は当たり前にできますが、2回目以降の予約についてはウェブ予約・ネット予約のシステムが整備されていない脱毛サロンも多いのが現実です。
エピレもミュゼも、2回目以降の施術もウェブ予約・ネット予約できるのでとっても便利です。



9.予約の取りやすさ

≪エピレ≫
とても取りやすい

≪ミュゼ≫
新型マシンの導入で以前より取りやすい


エピレとミュゼを比較した場合、店舗数も営業時間もミュゼに軍配が上がります。
両社ともにサロン移動インターネット予約もできますので、ミュゼの方が予約が取れやすそうですが、実際は逆です。
なぜなら、抱えている会員数がミュゼの方が圧倒的に多いからです。
口コミでもよく「ミュゼの予約が取れない」などと書かれています。
ただし現在は新しい脱毛マシン(ミュゼエクスプレス)の導入で予約状況は改善されています。
ですがエピレは店舗数が少ないので、通える範囲に店舗がないというケースもあります。
予約の取りやすさではエピレ
通いやすさではミュゼ
もしも通える範囲内にエピレもミュゼもあるなら、私なら「予約に関してストレスの少ないエピレ」に通うと思います。



10.保証制度

≪エピレ≫
全額返金保証(ファーストプランのみ)
期限なし保証

≪ミュゼ≫
全額返金保証
(両ワキ美容脱毛完了コースのみ)

返金システム(残り回数分の金額を返金)



11.ドクターサポート

≪エピレ≫


≪ミュゼ≫



エピレやミュゼのような脱毛サロンに医師はいません。
医師がいなくても施術ができる光脱毛を行っているからです。
ですが、出力の低い光脱毛であっても、施術によってお肌のトラブルが起こる可能性はゼロではありません。
そのため脱毛サロンによっては医療機関と提携し、不測の事態に備えるところもあります。
余談ですが、多くのサイトでミュゼにはドクターサポート有としていますが、公式HPのどこにもそういった表記はありません。
肌トラブルが気になるならエピレがおすすめです。




エピレはエステでお馴染みのTBCが運営する脱毛サロンだけあって、接客面では最上級のおもてなしとして定評があります。研修をしっかり受けた知識豊富なエステティシャンが施術してくれますので初心者の方にも安心の脱毛サロンです。
また、エピレで使用する脱毛機器は日本人の肌に合わせて開発されたオリジナルマシンで、「美容ライト脱毛機器適合審査基準」に合格しています。

ミュゼは業界一の店舗数と売り上げを誇り、2014年4月には顧客満足度No.1を獲得しています。初心者向けの格安キャンペーンが好評で、非常に高い人気があります。圧倒的な人気ゆえに予約が取りづらいという側面もあるようですが、店舗や曜日・時間等を工夫することで予想以上に取れる場合もあります。
予約が少々取りづらいのは覚悟の上で、低額を理由にミュゼを選ぶ方もいらっしゃいます。


エピレとミュゼのどちらにするべきか?

これらを踏まえた上で、実際に脱毛したい部位の内容を見ていけば、もうきっと迷わなくて済むでしょう。

・オリジナルマシンとドクターサポートでツルスベ美肌が期待できる脱毛サロンはこちら
エピレ(epiler)

・業界一の店舗数と知名度があるから安心!
格安で効果も実感できる一番人気の脱毛サロンはこちら
美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

予約が取れないことには始まらない

エピレもミュゼも、脱毛初心者にとってはとてもハードルの低い料金設定になっています。
ですがその一方で、気になることもあります。

「予約は取りやすいのか?」

ということです。
これだけの低価格で脱毛できるなら、希望者も殺到するでしょうし、予約状況も混み合うことが予想されます。
せっかく激安価格で脱毛できると言っても、予約が取れないんじゃ意味がありません。

実は予約に関しては、それほど心配はいらないというのが結論です。
なぜならエピレもミュゼも、「ネット予約OK」「サロン移動OK」なので、予約を取りやすい環境が整えられているからです。


「ミュゼは予約が取れない」という口コミをよく見かけますが、それは古いものです。
現在では全店に「ミュゼエクスプレス」という新しい脱毛マシンの導入が完了し、施術時間が半分に短縮されています。

ミュゼエクスプレス 予約 取りやすい 画像

その結果、予約は以前と比較してとても取りやすくなっています。


>>>https://musee-pla.com/

エピレとミュゼの契約前の注意点

『エピレとミュゼのどっちがオトク』かは、実は人によって違います。
というのも、エピレでもミュゼでも最安価格での脱毛には条件があるからです。
その条件を満たしていないと残念ながら最安価格でのプランでは契約できないことになっています。
その条件と言うのが、エピレにもミュゼにも共通しているのですが、
初めて利用する方が対象ということです。


エピレの場合、これまでにエピレもTBCも利用したことがない方限定です。
※エピレはTBCプロデュースの脱毛サロンなので、TBCを利用したことがある方も対象外となります。

ミュゼの場合、これまでにミュゼを利用したことがない方で、なおかつウェブからの申し込みが条件となります。
くれぐれも電話で申し込まないように気をつけましょう。

『エピレもミュゼも利用したことがない』方は、当サイトを参考にすればどっちにしようか迷っているモヤモヤがスッキリ解決するはずです。

その他の部位の比較は『エピレとミュゼの脱毛プランの比較』をご覧ください。

ミュゼとエピレが初心者に人気なわけ

ミュゼとエピレが初めて脱毛サロンに通う女性に人気なのは、「専用コース」が用意されていて「格安な料金」で脱毛できるからです。
いきなり全身脱毛から始める女性もゼロではありませんが、ほとんどの方は気になるパーツ単位で契約する方が圧倒的です。



初めて脱毛する女性におすすめの部位


初めての脱毛 部位


初めて脱毛する女性におすすめの部位は、「毛が太くて濃い部位」です。
一言でムダ毛といっても、毛量や毛質に違いがあるだけでなく、自己処理する部位なのかどうかという違いもあります。
せっかく脱毛サロンに通ってキレイにしてもらうなら、頻繁な自己処理が必要な「両ワキ」と、見て見ぬ振りをされがちな「Vライン」がおすすめです。
どちらも毛が太くて濃くてお手入れが大変なので、脱毛サロンのプロのエステティシャンにお任せするのがおすすめです。




脱毛が初めての女性には格安の限定キャンペーンもあります


ミュゼとエピレが初めて脱毛に通う女性に人気なのは、それぞれに「初めての方限定のキャンペーン」が用意されているからです。
しかも対象部位は頻繁に自己処理をしている「両ワキ」と、必要性を感じながらも放置しがちな「Vライン」が中心になっています。
ミュゼでは通常コースとは独立した形でのキャンペーンですが、エピレでは通常コースのすべてで適用されるという違いがあります。

ミュゼとエピレを比較して気になる項目をチェック

ミュゼとエピレが初めて脱毛する女性に人気がある理由は「実用的な部位」と「格安な料金」ですが、実際にどっちにするかを選ぶ時には、値段以外の違いも気になるものですよね。
そこでここでは、ミュゼとエピレの「効果」「脱毛方法」「予約の取りやすさ」を比較してみます。




ミュゼとエピレで効果の違いは体感できない


同じ脱毛をするなら料金が安いに越したことはありませんが、ただ安いだけで契約するわけにはいきません。
ほんの数百円程度であっても、せっかく通うからにはしっかり効果が出てくれないと困りますし、時間だって無駄になってしまいます。
ミュゼとエピレの気になる効果の違いですが、結論からいってしまえば体感できるほど効果に違いはありません。
どちらも通い続けていれば抜けていきますし、生えてくる量も減っていきます。
ただ回数によっては効果に違いが出てきますので、同じくらいの値段なら回数が多く受けられる方がおすすめということになります。




ミュゼとエピレの脱毛方法の基本は「光脱毛」


ミュゼとエピレの効果に体感できるほどの違いがないのは、どちらの脱毛方法も「光脱毛」だからです。
使用している脱毛マシンなどでもっと細かく分類もできますが、光脱毛では出力が規制されているので、光脱毛のサロン同士で効果を比較してもその違いまでは実感できないのが現実です。
脱毛方法としては、メラニン色素を目印にしてピンポイントで毛根に熱でダメージを与え、毛の成長を阻害することで脱毛効果を得ています。

自己処理だけだと時間を取られるし肌荒れや乾燥のリスクだって避けられない


例え値段が安くて効果があったとしても、毎回毎回予約を取って脱毛サロンに通うのは正直メンドウ、なんて思っていませんか?
確かに、今後もずっとカミソリでの自己処理を続けるのも選択肢の一つです。
でも、本当にメンドクサイのは「カミソリでの自己処理」と「脱毛サロンに通うこと」のどっちなんでしょうか。

カミソリでの自己処理は確かに安く、手軽にしかも自宅で全部自分でできます。
でも、一時的に短くなるだけで翌朝にはもうチクチクし始めることがあります。
カミソリでの自己処理の場合、効果が持続しないのが難点ですし、肌に大きな負担がかかるのはもっと問題です。
カミソリ負けでヒリヒリしたり、最悪切り傷だってできかねません。
色素沈着して黒ずみの原因にもなります。
そうなってしまうと、ムダ毛は短くしてごまかしたのに肌が汚くて表に出せない、なんてことも充分あります。

自己処理した後には保湿ケアをしないと肌が乾燥してしまいますが、保湿ケアまできちんと行っていますか?
一時的にムダ毛を短くしてごまかすために、肌を傷めていたのでは目も当てられません。


でも、脱毛サロンでのムダ毛処理なら効果はカミソリよりもずっと持続しますし、施術後のケアだってしてもらえます。
もちろん肌を傷めることもありません。それどころか美肌にだって変わっていきます。
ほんの数分ベッドに横たわっているだけで、これまでとは段違いの効果が得られてお肌もきれいになります。

ミュゼもエピレも評判のいい脱毛サロン


ミュゼもエピレもどちらも評判のいい脱毛サロンです。
ミュゼは脱毛業界最大手で、店舗数と会員数が一番多い脱毛サロンです。
女性の10人のうち6人がミュゼに通っていたり、通ったことがあるというほど人気です。

エピレはエステでお馴染みのTBCが運営する脱毛サロンだけあって、接客面では最上級のおもてなしとして定評があります。
研修をしっかり受けた知識豊富なエステティシャンが施術してくれますので初心者の方にも安心の脱毛サロンです。




ミュゼの口コミのまとめ


ミュゼの口コミには、現在の状況には当てはまらないものもたくさんあるので注意が必要です。
「予約が取れない」問題は、現在では脱毛マシンの入れ替えで解消されています。
「倒産」の話も確かにありましたが、現在営業中のミュゼを見れば心配ないことが分かります。
肝心の脱毛に関する口コミでは、大半の方が「効果がある」と感じています。
その他では「勧誘はない」「接客が素晴らしい」などがあります。




エピレの口コミのまとめ


エピレの口コミでは、特に目立つ悪いものはないようです。
効果を実感できて、勧誘もされないし予約も取りやすいと評判です。

まずは無料カウンセリングに申し込み

ミュゼを選ぶにしろエピレを選ぶにしろ、脱毛の契約をする前には必ず無料カウンセリングを受けなければいけません。
無料カウンセリングでは脱毛コースや料金の説明をはじめ、脱毛に関する疑問や不安にも答えてもらえます。
中には妊娠や持病で脱毛できない条件に当てはまる場合もあるので、そのあたりの確認も兼ねています。
どちらも以下のリンク先のキャンペーンサイトから申し込めます。



ミュゼのキャンペーンは月替わりですが、「両ワキ+Vライン」が通い放題で数百円という共通点があります。
通常コースは2017年5月に値上げがありましたが、「初めての方限定キャンペーン」は今のところ見送られています。
ただ、いつ値上げされてもおかしくない安さなので、申し込みは継続されている今がチャンスです。
キャンペーン価格の適用条件は、月内にカウンセリング予約を完了させることです。



ミュゼ 申し込み ボタン




エピレはキャンペーンごとに申込ページが分かれていますが、ここでは特に初めて脱毛する方におすすめのキャンペーンを1つだけご案内しています。
内容は月によって変更される可能性があります。



エピレ VIO脱毛 申し込みボタン